良質な3dプリンターの選び方|上手に選ぶコツ

良質な3dプリンターの選び方|上手に選ぶコツ

費用も安くて安心できる

沢山の会社では数多くの印刷をすることから、コピー機はリースで利用した方がお得になることがあります。故障時などの対応や、サポートも優れているのでまずはリースを検討してみましょう。リースなら初期費用も安くなります。

印刷のコストを減らす

複合機メーカーとして有名な会社にリコーがあり、多くの企業がリコーの複合機を採用している。リコーでは、トナーの再利用を推進しており、回収を行っている。再利用のトナーでは、品質は変わらず価格が安くなる傾向にある。

実は種類が豊富

3Dプリンター

どのような使い方をするか

3dプリンターの種類は、あまり多くないと思っている方もいます。ですが実際にはそのようなことはなく、様々な種類の製品が市販されています。そのため業務用で3dプリンターを導入したいと思った時の選び方として、いくつかのポイントを整理しましょう。3dプリンターの選び方では、作ったものの利用方法を考慮することも大切です。何かを作った後、加工して使用するのか、教育などの現場で使いたいかといった用途に応じて、適した3dプリンターは変わってきます。そこで、どういった用途で使用する予定があるのか整理して、適した3dプリンターについて考えていきましょう。またランニングコストについても、忘れずに考えることが大切です。

作るものに合わせて選ぶ

3dプリンターの選び方で最も大切な点が、何を作るのかということです。作るものの大きさ、形、仕上がりの滑らかさといった点は、3dプリンターを購入する方によって異なります。そのような違いがあるからこそ、選び方においては、何を作るのか整理し、必要なものに適した3dプリンターを選ぶことが大切です。また大きなものを作りたいと思っていても、大きなものが作れる3dプリンターは高くなります。そこで値段を考えるのであえば、大きいまま作らずにいくつかに分割して作れるか検討するのも1つの手です。さらに作る時に使用する樹脂によっても、3dプリンターでものを作るコストに影響します。こういったコストも含めて検討することで、自社に合ったものを選びやすくなります。

分かりやすい会議ツール

会議を効率的に行うために、ホワイトボードの導入が進められています。必需品ともいえるホワイトボードを適切に使用するためには、定期的に水拭きを行ない、ボード面を大切に取り扱うようにしましょう。会議としてのツールのほか、伝言板としての使用で着たり、場所を取らないなどの特徴があります。