良質な3dプリンターの選び方|上手に選ぶコツ

印刷のコストを減らす

インク

純正品の利用

複合機のメーカーにはいくつかあるが、その中でも大手のメーカーとしてあるのがリコーである。リコーは事務機器を中心扱っているメーカーであり、その中でも複合機については多くの企業で利用されている。古くからプリンターやファックスなどを製造販売していることから、品質の良い製品が増加している。これらの複合機を導入した場合、消耗品としてあるのがトナーである。複合機では、トナーをセットすることで印刷が可能になるため、必須の消耗品でもある。これらのトナーについては、最近では純正品でない商品も出回っており、その分安く利用できるという魅力がある。しかし、純正品の場合にはメーカーの補償がきくことや品質面で有利ということがある。

上手に再利用する

リコーでは、複合機におけるトナーの回収を積極的に行い、リユースしているということがある。複合機のトナーは、通常の家庭で使用するプリンターのカードリッジに比べ大きく、再利用によるメリットが大きなものとなっている。これらの再利用されるトナーについては、安く購入できるという魅力もある。リコーを含め複合機では、トナーの価格が印刷コストの大きな割合をしめている。その為、トナーの安さが企業で導入する際のポイントになる部分でもある。これらの再利用品のトナーでは、安価に購入できることが多く、品質面でも新品のものと大差がないことが通常である。リコーでは再利用時に、内部を分解洗浄するなどし、品質低下しないように利用されている。